川崎市での注文住宅☆厳選6サイト

トップページ > 川崎市の注文住宅情報 > 川崎市で注文住宅を検討するなら

川崎市で注文住宅を検討するなら

東京都心部のベッドタウンとして知られている神奈川県川崎市。
新宿、渋谷、池袋など都心部の西部、また横浜市とも隣接しているため交通アクセスは良好であり人気も高く、自治体の年齢層も国内平均より若いため活気のあふれる街です。
中心部にはショッピングモールもあり、付近には繁華街とほぼすべての娯楽が市内に集中しているため、レジャーなどにも困ることはありません。
その一方、人気が高いがゆえに主要駅付近の地価は高く、宅地面積も限られています。
特に中心部である川崎駅付近は商業ビルが多く、市内有数の地価であるため、なかなかこの場所に注文住宅を建てることは難しいでしょう。
では、そんな川崎市内で注文住宅を建てるには、どのあたりの場所を検討すればよいでしょうか。
勤め先、あるいは普段通っている場所からのアクセスの良さという点を加味しながら、現在開発が進んでいる穴場の地区などをご紹介します。


まず、都心部、特に新宿エリアや横浜を拠点としている方は尻手、矢向、鹿島田付近といった南部線沿線がオススメです。
川崎での乗換となりますが、この路線は地価が安いのが特徴であり、また川崎市内でも再開発が進んでる事業です。
宅地にも余裕があるため注文住宅を建てやすいという特徴があります。
また、新宿に限定すると小田原線沿線である百合ヶ丘も選択肢に入ります。
この周辺は閑静な住宅街が多く、川崎市中心部に比べれば暮らしやすいという面も大きなポイントです。
次に渋谷エリアを利用する方は、二子新地、溝の口周辺といった田園都市線沿線を選ぶとよいでしょう。
南部線沿線よりも少しばかり地価は上昇しますが、渋谷を起点に行動できるようになるのでアクセスはさほど悪くありません。
このように、川崎市内での注文住宅にこだわるのであれば、主に三路線沿線を基準に検討するとよいでしょう。


鉄道以外にも、バスという選択肢もあります。
特に川崎駅付近でも駅から距離があるエリアは宅地も多く、バスなどを利用して駅まで行くことを考えれば充分検討候補に入るでしょう。
その他、自家用車をお持ちであれば公共交通機関のアクセスを考慮する必要がなくなるため、南部線と田園都市線の間の鉄道空白地域の宅地を利用することができます。
ただしこうした地域は周辺の商業施設から離れるため、便利さと地価の安さはある種トレードオフの関係になってしまう面はあります。
いかがでしたでしょうか。
注文住宅を建てる際、購入費用をどうしても気にしてしまうものですが、そこで今後数年から数十年暮らすことを考え、価格よりも便利さ、交通アクセスの良さや暮らしやすさに焦点を当てて家を建てることが失敗しないコツです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP